ARCHIVES Vol.10
by UNDEFEATED

UNDEFEATED x HECTIC x STUSSY
x new balance TRAILBUSTER
“TRIPLE THREAD”

ニューバランストレイルバスターのアンディフィーテッドとステューシーとヘクティクのトリプルスレッドのグラフィック

ニューバランスが伝統的に得意な分野としてきたオフロードランニングに明確な楔を打ち込んだのは、1996年発売のMT580だろう。これとほぼ同時期の90年代後半にリリースされたトレイルバスターもまた「隠れた名作」と言われて久しい存在だ。
フルレングスABZORB搭載のソールユニットに内転抑制機構のROLLBARを組み込んだMT580がスニーカーブティックやアパレルブランドをパートナーに多彩なコラボレーションを展開し華々しい成果を上げていたのに対し、トラディショナルなフォルムのトレイルバスターがいささか地味な経歴を辿ってきたのは否めない。ベーシックなカッティングのオーバーレイを繋ぎ合わせたフルグレインレザー製のアッパー然り、荒れた路面にもグリップするスパイク型のアウトソールもまた然り、どこかレトロなトレッキングシューズを彷彿させる外観はトレイルバスターの特徴であり、先進テクノロジーを組み込んだMT580の精悍な佇まいとは対照的でさえある。

レッドとブルーのニューバランストレイルバスタートリプルスレッドの側面

このランニングシューズとトレッキングシューズのハイブリッドをあえてオーセンティックなカラーブロックで別注したのが2010年発売のクアッドコラボだ。UNDEFEATED、HECTIC、STUSSYというトリプルスレッドが共同で別注したトレイルバスターは、ブラックレザーのオーバーレイを基調にそれぞれ赤と青のパネルを配色したリミテッドエディション。プリミティブなカラーパレットで彩られたトレイルバスターは、そのカッティングの普遍性も加味してスタンダードな存在感を増し、トレッキングシューズ然とした装いにアスレチックなムードを醸した。
ニューバランスのオーセンティックな仕様を受け継ぐトレイルバスターにストロングなカラーブロックを別注したトリプルスレッドモデルは、純粋な彩りが色褪せることのないエポックメイキングの一つだ。

レッドとブルーのニューバランストレイルバスターのロゴのアップ

ブラックとレッドのニューバランストレイルバスターの側面

ブラックとブルーのニューバランストレイルバスターの側面

new balance
TRAILBUSTER x UNDEFEATED x HECTIC x STUSSY “TRIPLE THREAD”


岸 伸和 – Nobukazu Kishi Exclusive
1972年生まれ、神奈川県出身。雑誌『Boon』(祥伝社) にてライターとして活動を開始。90年代のスニーカー全盛期には同誌のスニーカー特集や別冊の多くを担当、以降ライフワークの一環としてスニーカーを嗜んでいる。近年はアパレルブランドのカタログやWEBコンテンツの制作ほか、ブランドやクリエイターの活動をアーカイブした書籍を手掛ける。


Brands : #NEW BALANCE #UNDEFEATED

SOCIAL MEDIA