いつもUNDEFEATEDをご利用いただきありがとうございます。

 

1995年、夏。一つのエポックメイキングなシューズが誕生した。
日本で空前絶後のハイテクスニーカー戦国時代へと導いた立役者、AIR MAX 95。
当時あまりの人気ぶりから“エアマックス狩り”という言葉が誕生し、
AIR MAX 95は社会現象となったことは周知の事実だろう。

Sergio LozanoがデザインしたAIR MAX 95は、人体からインスピレーションを得、創作された。
シューレースの構造はあばら骨、アウトソールは背骨、アッパーは筋繊維をイメージしてデザインされている。

当時のランニングシューズとしては異例のブラックソール、
初めてフォアフット(前足部)にビジブルAIRを搭載したシューズとしても世間を賑わせた。
多くの人の心を掴み、今でも語り草になるレジェンドモデルから、シーズナルで日本らしいモデルがリリース。

(CQ3644-171)

Price:¥17,000-(+tax)

Size:23-30㎝

Color:WHITE/WHITE/UNIVERSITY RED/VOLT

(CQ3644-161)

Price:¥17,000-(+tax)

Size:26-29㎝

Color:WHITE/WHITE/MIDNIGHT NAVY/PINK BLAST

日本の夏といって、何を思い浮かべるだろうか?
日本人が誰しも持つ原風景、という憧憬はいくつか思い浮かぶものがあれど、それは等しく共通な光景を思い浮かべるものと思う。
海、砂浜、青空、積乱雲、西瓜、海の家、かき氷、縁日、水着…
そんな日本に育った者が必ず想起してしまうような夏の風物詩をイメージするようなカラーリングを纏ったのが今作。

今作は日本企画で、国民の祝日である「海の日」を祝したカラーリングで登場。
レッドとホワイト・ネイビーとホワイトのコンビは、サイドのレイヤードによってマリンボーダーを再現した。
レッドとホワイトはクラシカルなスイムウェア、パラソル、かき氷ののぼり、ネイビーとホワイトは海面と雲、濃紺の浴衣など日本らしい夏のイメージを彷彿とさせる。
日本企画らしさがあり、且つベースモデルを活かしたカラーバランスと配置に仕上がっている。

カラーリングはそれだけに留まらず、レッドとホワイトはボルトイエロー、ネイビーとホワイトはピンクの鮮やかな挿し色がスウォッシュ・AIR内部・シュータンロゴに施され、全体を引き締めるような効果を持たせる小技が効いている。

 

 

今回ご紹介したアイテムの詳細はこちらをクリック
NIKE AIR MAX 95(cq3644-171)/17,000yen(+sales tax)詳しくはこちら
 
 
 
 
今回ご紹介したアイテムの詳細はこちらをクリック
NIKE AIR MAX 95(CQ3644-161)/17,000yen(+sales tax)詳しくはこちら
 

——————————————————————————————

UNDEFEATED / アンディフィーテッド

Web:https://undefeated.jp/

友だち追加