商品検索

検索キーワードを入力してください

トップ > NEW SNEAKER > adidas Consortium ZX7000 - WHITE/LILAC GREEN

adidas Consortium ZX7000 - WHITE/LILAC GREEN
adidas Consortium ZX7000 - WHITE/LILAC GREEN
adidas Consortium ZX7000 - WHITE/LILAC GREEN
adidas Consortium ZX7000 - WHITE/LILAC GREEN
adidas Consortium ZX7000 - WHITE/LILAC GREEN
adidas Consortium ZX7000 - WHITE/LILAC GREEN
adidas Consortium ZX7000 - WHITE/LILAC GREEN
adidas Consortium ZX7000 - WHITE/LILAC GREEN
adidas Consortium ZX7000 - WHITE/LILAC GREEN
adidas Consortium ZX7000 - WHITE/LILAC GREEN
拡大画像

adidas Consortium ZX7000 - WHITE/LILAC GREEN

16,500 円(税込)

FU8404
希望小売価格 : 15,000


▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
SIZE x COLOR

WHITE
26.0
26.5
26.5×売り切れ再入荷
27.0
27.0×売り切れ再入荷
27.5
28.0
28.5
29.0
QTY

adidasにおける名作ランニングシューズライン、ZXは1984年にはじめて登場した。バイクメーカーであるKAWASAKIのZXが名前の由来となっている。当初トレイルランニング向けに人体工学に基づきリリースされ、瞬く間に名作の仲間入りを果たしたことは言うまでもない。2012年7月、New York初のカルチャーマガジンであるCOMPLEX MAGAZINEによる「The 80 Greatest Sneakers of the '80s」では、ZXシリーズが3モデルも堂々のランクインを果たした。

1989年に登場したZX7000は、当時のadidasを代表するテクノロジーであったTorsion Systemを搭載していることが最大の特徴。「I WANT.I CAN.」のキャッチコピーで打ち出された最新のテクノロジーであったTorsion Systemとともに、センセーショナルなデビューを飾ったのである。Torsion Systemとは1988年に開発が開始されたバイオメカニズムに基づくadidas独自のテクノロジーで、開発にはスイス・チューリッヒ工科大学にて、バイオメカニズム、シーズクラフト、整形外科の専門家が携わった。Torsion Groupという中間の溝により前足部と後足部を分割し、足本来の動きを確保。そして前足部と後足部をTorsion Barでぐことによって足のねじれや故障に繋がる動きを制御する、画期的なシステムであった。ヒール部にはベアリング状に組み込まれ、踵の衝撃を吸収しクッション性を高めるSOFT-CELL SYSTEMを搭載し、更なる足の負担軽減に寄与している。

ZX7000の登場から今年で30年という節目を迎える2019年、エポックメイキングとなったZXシリーズがモダナイズドとアップデートを施され、adidas consortiumからリリースされることは新たなadidas史の1ページとなるだろう。

こんな商品もチェックされてます